HOME>ホットトピックス>他の地域との違いをふまえた業者利用の際の注意点

地域の特質性

男性作業員

住居を移転する際には、引越し先の地域性を考慮して対応を変えなければ思わぬマナー違反になるおそれがあるため、東京の地域的特性を把握することが必須である。 東京は特に23区において他のどの地域に比べても人口が多く、住宅も密集している傾向がある。また道路状況も混雑が多く、住居に侵入するための道路は車幅が狭いことも珍しくない。そして、引越し先は圧倒的にマンションやアパートなどの集合住宅地が多い。

業者利用の際に念頭に置きたいこと

ダンボール

前記の東京の特質から、引越しの際には利用者も搬入にかかる道路状況、搬入物の形状や大きさ、搬入経路を把握して引越し業者に依頼をすることが欠かせない。また、東京の住居の多くは地方出身者の想像よりも非常に狭いことが多く、搬入物の量も慎重に検討すべきである。

業者への対応

引越し先で想定外の問題が発生することが無いよう、業者依頼の際に自身が搬入しようと想定する物の寮・大きさなどを念のため伝えておくとよい。東京における搬入作業は、その特質性から現地を知っている者の判断を仰ぐことが最低限のマナーである。

業者が地域性を把握していない場合の注意点

ひとくちに東京と言っても地域によって周辺の環境・状況はさまざまであり、引越し業者も引越し先の地域の特質性を把握していないことがまれにある。そのような場合には現地で想定外のトラブルが発生してしまうおそれがある。そのような事態を防ぐためにも、利用者としては念のため業者に一度現地の確認を促すことが必要である。このひと手間により、利用者自身も思わぬ損害を避けることができスムーズに引越すことができる。

広告募集中